加熱式タバコは安全なのか?受動喫煙の影響は?



【無煙無臭の受動喫煙】

近頃、タバコを加熱式タバコに変える喫煙者が増えています。

日本では一般的に「iQOS(アイコス)」「プルームテック」「glo(グロー)」という3種類が販売されていますが、火を使って燃やさないため、煙や臭いがほとんどなく、有害物質が少ないと言われています。

そして 「紙巻タバコより安全」  「受動喫煙がない」 などのイメージが広がっています。

加熱式タバコは、紙巻タバコよりは少ないものの、ニコチンをはじめ、発がん性物質であるホルムアルデヒドなどの有害物質を含んでいます。

そして、受動喫煙がないと思われがちですが、被害が報告されており、紙巻タバコに比べて煙や臭いが少ないため、 知らないうちに受動喫煙している可能性があります。 

煙や臭いでは分からないので、十分注意して受動喫煙しないようにしましょう。

 





 

 



 

お問い合わせフォーム