北アルプスの女王と呼ばれている「燕岳」に登ってきました(2日目)



2018年8月14日

【燕山荘で一泊するゆったり登山(2日目)】

にぎやかな音で目が覚めた。

時間は朝の3時くらい。

早い人はこれから準備をして出発するようだ。

多分、朝日を見るために、燕岳山頂へ向かう人達であろう。

おいらも目が覚めてしまったので、ボォーとしながら明るくなるのを少し待って外へ出た。

燕山荘には展望デッキがあるので、そこで朝日を見ようと思いスタンバイ。

周りはまだ薄暗く、展望デッキにはまだ人は少なかった。


この感じ、大好きです( *´艸`)

気温はフリースを着ていて少し寒いくらいで気持ちが良かった。


燕山荘の向こうに燕岳が見えます。

燕山荘の窓明かりが素敵ですね。



少し明るくなってきました。

人も多くなってきて、「おおおぉぉぉ」「わぁぁぁ」という声が聞こえてきます。

その先には富士山のシルエットがはっきりと見えます。


だれが見てもわかる日本の象徴!!

こんな場所からも見えるのですね。おいら感動(T_T)


みんな、お日様を待っています。

一眼レフからスマホまで、いろんなカメラが朝日が出るであろう方向に向けられています。


ついに出ました!!

おはようございます!!

周りがどんどん赤く染まっていきます。



槍ヶ岳も朝日を浴びて赤くなっています。

モルゲンロートですね。

もう少し鮮やかなヤツが欲しいところです。


燕岳、綺麗ですねぇ( *´艸`)

さぁ、綺麗な景色のあとはご飯です。

朝ご飯を食べに食堂に向かいます。

と、その前に、少しだけ撮ったタイムラプスを見てください。

再生時間短いですが・・・(;^ω^)

タイムラプス撮影に使用したカメラはSONYのHDR-AS300です。

メッチャ軽いので、持ち運びがとても楽ですよ。

 



それでは朝ご飯といきましょう。

夜ご飯は時間が完全に決められていましたが、朝は出発する時間が皆さんバラバラのためなのか、4つの時間帯のどこかで食堂に行けばいいシステムになってます。

おいらは早々に燕岳山頂に行って下山したいので、早めの朝ご飯です。(午後からの天気が心配なため早めに下山したい)

早めのご飯とはいえ食堂はいっぱいです。



よしっ、ご飯も食べたし、燕岳山頂を目指しますかぁ!!

当然、荷物は置き去りにして、カメラだけ持って行きます。

綺麗ですね。さすがは北アルプスの女王と呼ばれているだけあります。

さぁ、どんどん歩きますよ。

インスタでよく見るヤツですね。

ほんとにイルカですね。その向こうに槍が見えます。トンガってますね!!

こんな山奥に、トンガった山が居座っている。おもしろいですね。

存在感がすごいっす。



山頂が近づいてきました。

最後に急登がありますね。

まぁ、荷物を置いてきているので、余裕ですが。


燕岳山頂に到着しました。

これは山頂から北燕岳方面を撮った写真です。

あぁぁぁぁ、綺麗ですねぇ。

燕山荘からの縦走路が見えます。

いつかは歩いてみたいですね!!

さて、綺麗な景色も見れたので、燕山荘に戻りますか!!

少しだけ山男さんをイジル。

帽子、よくお似合いですよ。

また、会いに来ますね。

昨日は人でごった返していた受付も今は落ち着いています。

売店では、いろんなアイテムがたくさん販売されていました。

中でも、Tシャツの種類が多いことに驚きました。

おいらも記念に背中に「燕」の文字が入ったTシャツを買いました。

また、どこかの山で着たいと思います。

いや、普段着にします。

 

こんな感じで、初日は雨に降られましたが、二日目は綺麗な燕岳を見ることができて良かったです。

初めての山小屋泊もいい思い出になりました。

やはり、一泊すると日帰りよりもゆっくりと過ごすことができて、登りにもゆとりがうまれるので、来年はまたどこかの山小屋にお世話になろうと思います。

燕山荘のスタッフ、同じ日に泊まっていた大勢の方々に感謝します。

 『いい思い出をありがとう』 

 

1日目はこちら

 



 



 

お問い合わせフォーム