中国では小さいロブスターという名の高級食材!!

【ザリガニは高級食材】

中国ではザリガニは小さいロブスターと呼ばれ、エビに近い味の高級食材とされている。

日本では一部地域のみで食べる習慣があるが、世界的に見るとザリガニは食材と認識されることが少なくない。

中国の飲食店では6月ごろから「ザリガニ料理始めました」という張り紙が増える。

日本でいう「冷麺」的な感じだろう。

そんな中国では2017年に、日本でいう短大的な学校で「ザリガニ学部」が設立されたり、ザリガニ専門店がマクドナルドやケンタッキーフライドチキンの店舗数を超えるなどの人気ぶりだ。

おいら的に言うと、味がエビに近いならエビで良いじゃないか!!と思ってしまう。

知らずに出されたら、普通にウマいと思うが、ザリガニと知って食べるのは抵抗がある。

やっぱりおいらは上流階級である。

業務スーパーの冷凍サバが大好きですが( *´艸`)

 





 

 

 

お問い合わせフォーム