平昌オリンピックのハーフパイプ決勝で「誤審??」ショーン・ホワイトよりも平野歩夢のほうが高得点?



朝のニュースでひっきりなしに報道されている、
ハーフパイプ決勝の「誤審疑惑」!!

なぜ「誤審」と言われるのかは画像を見ればわかります。

本来は平野選手のように手でしっかりボードをつかむんですが、ショーン選手は触れている?という感じです。

このように技の完成度が低いにも関わらず、金メダルというのはおかしいのではないか?
と言うことのようです。

そもそもこの競技は判定基準があいまいで、技に点数が付いているのではなく、総合的な「印象」で決めているみたいで、その「印象」という判定基準が見ている人にとって多くの疑問が生まれる要素になっているのです。

おいらとしては、審査基準を見直すのは当たり前として、競技が終わって審査結果が出た後で「誤審」だとか言ってメディアを騒がせることはどうなのかと思う。

選手を侮辱しているように取れる報道はどうなのか。
たとえ審議がくつがえっても、両選手ともに気分は最悪なものとなってしますはずです。

日本人として平野歩夢選手が金メダルを取ることは素晴らしいことで、とてもうれしいですが、「誤審」で金メダルになったところで、「本物の金」ではないよに思えてしまって、心から喜べないかもしれません。

とっとと選手が納得のできる審査基準を作ってほしいですね。

平野歩夢選手、最高のパフォーマンスをありがとう(^o^)/

 



 

お問い合わせフォーム