誰にも気づかれずに死ぬのって寂しいですよね。そんな「孤独死」が増えている!!



家族や親戚にいないですか?

65歳以上の一人暮らし!!

急な体調不良でも助けを呼ぶことができずに亡くなるケースが多い。

普段からサークルなどで交流があれば安心だが、家に閉じこもりがちになると誰にも気づかれないので発見が遅れてしまう。

最近では40~50歳の孤独死も増えており、結婚しない人や離婚して一人暮らしなどの「孤独死しやすい環境」が生まれている。

一番の孤独死予備軍は65歳以下の中年層の独居男性で、次に認知症の高齢者、その次に生活保護受給者です。

孤独死を減らすには、普段から話をしたり、あいさつをしたりする人が身近にいることが大事です。

家族や親戚などで孤独死しやすい環境にある人がいるなら、定期的に連絡をとって最悪の事態にならないようにしましょう。

そして、自分がそういう環境にいることに気づいたら、とにかくなんでもいいのでサークルなどの定期的に交流ができる場所を探して参加しましょう。

将棋や囲碁、ラウンドゴルフ、ハイキング、歌を歌ったり、絵をかいたり、いろんな事ができると思いますよ。










    お問い合わせフォーム